カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ・ご意見 サイトマップ
 

ダイニングセットについて

● ダイニングセットについて


a. ダイニングテーブル
● 形
丸テーブルやだ円形のテーブルは、圧迫感がなくやわらかい雰囲気を演出できます。
ただ丸テーブルは幅・奥行きとも同じサイズである為、細長いスペースには向きません。
四角でも丸でも、脚が4本ではなく2本(丸の場合は1本)のものは、椅子をあまり引かなくても
出入りできるため、まわりのスペースが狭くてもすみます。
スペースに余裕のない場合は検討してみてください。
● サイズ
家族の人数に合わせて決めます。
ゆったり食事ができる1人分の最低必要幅は大人が肘を広げた幅になります。
最低60cm、出来れば70cm必要です。
4人家族なら120cm以上、6人家族なら180cm以上が必要です。
アームチェアを使う場合は、70cmの余裕を持たせてください。
(丸テーブルの場合は、4人家族なら直径100cm、6人家族なら直径130cm以上必要。)
ダイニングテーブルは、食事・子どもの勉強・家事スペース・家族の団らん・パーティーなど
多目的に使われます。スペースの許す限り大きいものを選びましょう。
● ダイニングまわりのスペース
椅子を引いて立ち上がるためには、テーブルの端から椅子の背もたれまで70cm以上、
座っている後ろを人が通るためには+50〜60cmのスペースが必要です。


b. ダイニングチェア
直接身体を支える家具なので、耐久性への配慮が必要です。
同じ姿勢で長時間座っても疲れないことが大切です。
腰掛けて、足の裏全体がきちんと床につくものにする為、座面の高さに注意しましょう。


c. 差尺
椅子の座面の高さと、テーブルの高さの差を、差尺といいます。
食事をするには、27〜30cmがBestとされています。
テーブルの高さの平均は約70cmになっています。
今流行のベンチ・和風タイプのもので約65cmです。
テーブルも椅子も、デザイン上問題なければ脚はカットしてもらえます(有料)。
わかりにくい方は実際にお宅にあるダイニングに座ってテーブルの上に肘を乗せて
見てください。
腕が直角になるバランスが人間にとって気持ちの良い高さとされています。
最近は、ダイニングセットもリビング感覚で、テーブルも椅子も低めでゆったりした
座り心地のものが数多く出ています。
スペース的に、ソファーとダイニングセットを両方置く余裕のない場合は、検討してみて下さい。


d. 素材
● 色合い、木目
空間の雰囲気を決める力の大きい代表が壁・床・カーテン・ソファーそしてダイニングテーブル。
それらは人間の視野に占める面積が大きく、その色や柄が場の印象を左右します。
色は人の気分を明るくもするし、時には暗くしたりもします。
雰囲気を重視するなら木を色合いや木目といった観点から選ぶことが大事です。
その場合、周囲の色や柄とのバランスを見る必要があります。
例えば、壁や床が濃い色であればメープル・タモ・パインのような明るい木でテーブルを
作れば雰囲気は明るくなるでしょう。
逆に、白系あるいはベージュ系の空間にウォルナットやチークといった濃い色合いの
テーブルを据えればコントラストがはっきりして場の雰囲気はキュッと締まります。
この様な色使いをハイコントラストといいます。
現在、有名ホテルなどが和風・ハイコントラストを取り入れています。
ナラはオーソドックスな色合いなのでどんな雰囲気にも合わせやすい
中立的な木と言えます。
● 硬さ、手触り
素材が木ですからテーブル面に硬いものを落とせばへこみます。
下敷きを使わずに書き物をしたら字の痕が残ります。
人によってその許容範囲は異なるでしょう。
柔らかくて傷がつきやすいのはパイン、タモ、クルミ、逆にとても硬いのはメープル、
続いてチェリー、ナラ、ウォルナットの順。クリは意外に軽くて傷つきやすい木です。
一方、手触りというのは硬さと大いに関係があって柔らかいとは優しくて暖かいということ、
硬いとは冷たいということ。
メープルのテーブルは手荒な使い方にも耐えるけど手触りはかなりヒンヤリです。
● 重さ
前項と関連しています。
ともに木の組織が密か疎かに左右されることから「硬い」と「重い」はほぼ一致します。
ことダイニングテーブルは頻繁に移動するものではありませんが、それでも模様替えや
引越しのときには動かすこともあるでしょう。
テーブルのサイズにもよりますが無垢の木で作ったテーブルってみなさんが想像する
以上に重いですよ。標準的な重さのナラの木で作ったテーブルを例にとりましょう。
男2人でひょいひょいと持ち運べるのはW1600まで、それ以上になるともう1人必要、
W2400ともなれば4人がかりでも大仕事です。
女所帯でテーブルをあっちこっち動かすことが多いという方はタモやクリあたりで
作っておくのが無難かも知れません。

ページトップへ