カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ・ご意見 サイトマップ
 

家具を大切に使い続ける為に

家具の手入れ方法

☆ 設置・使用上の注意点

■ 湿気は禁物
木材は湿気を含むと膨張します。
精巧な造りの家具は、梅雨時などには引出しがかたくなり、内部に湿気が入るのを防ぎます。
しかし、あまりにも湿度が高い部屋では、家具の裏側・内側にカビが生えたりします。
特に、コンクリート造りのマンションなど、最近の住宅は気密性が高いので湿気が
溜まりやすい構造になっています。
カビが生えるだけでなく、木材が膨張して変形したり引出しが開かなくなったりします。
こうした場所では、壁から家具を少し離して設置し、通気性を良くして下さい。
( 目安としては家具の裏側と壁の間に手が入る程度)
また、晴れた日には窓を開け、時には家具の内部も開けて乾いた空気にふれさせましょう。
水気を含んだ物(水・ジュース・コーヒー)をこぼしてしまった場合は、すぐに拭き取りましょう。
特にオイル仕上げの商品はご注意下さい。
家具にビニール・ガラスを長時間のせて使用しないでください。
漆塗りの商品は水分のある物を長時間接すると塗膜がおかされ変色する場合があります。

■ 必ず水平に設置!
扉の閉まりが悪くなったり、引出しがかたくなる原因の大半は、家具の爐佑犬讚
によるものです。
開閉状態が悪いまま長い間使うと、蝶番や取っ手が壊れます。
新築の住居以外、ほとんどの床は微妙な傾きや高低があるものです。
特に、畳の上に家具を置くと重みで少しづつ沈み、僅かながら傾いてしまいます。
もし、僅かでも傾いていたら、板切れや新聞紙などをあてがって水平になるよう
調整して下さい。
扉に段差がつけば、まず水平を調べて下さい。

■ 転倒防止の対策
背の高い家具は、強い地震や子供がよじ登ったりすると転倒してケガをする場合が
ありますので、転倒防止の対策をされることをお勧めします。
家具の上下が分離するタイプは、上側が倒れ落ちることがありますので、必ず付属の
連結金具やジョイントボルト等で上下を固定してください。
万が一に備えて家具を建物に固定してください。
転倒防止の固定金具には、L型金具やベルト式、ワイヤー式など各種のタイプが
ホームセンターなどでも市販されていますが、壁面の状態によっては取付け強度が確保できな
確保できないことがありますので、状態に応じ適切な金具を選んでしっかりと固定してください。
天井との距離が近い場合はつっぱり棒なども有効です。この場合家具の両端正面より見て
手前側に着ける様にして頂くと家具の上下が中折れするのを防げます。
この他、家具の耐震金具として、振動で扉や引出しが勝手に開くのを防ぐ開放防止金具や、
棚から収納物が落ちないようにする落下防止金具、割れたガラスでケガをしないようにする
飛散防止フィルムなどがあります。

■ 直射日光を避けて下さい
家具は、強い光に長期間さらされると変色したり、ヒビ割れが生じることがあります。
直射日光があたる場所には家具を置かないで下さい。
無理な場合は、カーテンなどで日光をさえぎりましょう。
また、熱も大敵ですので、ストーブ・ヒーターなどで高熱をあてないように注意して下さい。

■ 家具を移動する時は
家具を移動する時は、床面を引きずったり押したりしないで下さい。
必ず大人2人以上で持ち上げて移動して下さい。どうしても重くて持ち上がらない場合は
引き出しなどを抜いてしまうと多少軽くなります。廊下などが広い場合は毛布を床に2つ折に
置きその上に家具を乗せて引いて移動するのも楽です。その場合突起物などをよく確認して
下さい。

☆ 困った時は!

■ 家具の艶出し
コーティングしてある木製家具の艶を出すには牛乳が効果的!
牛乳雑巾を作り、これで家具を拭くと牛乳に含まれている成分が汚れを落とし、艶を出して
くれます。最後に乾拭きをして仕上げて下さい。

■ ソファー・椅子のお手入れ
布張り
隅や縫い目にホコリがたまりやすい布張りソファー。まず箒を立てて使い縫い目や隅のホコリ
をよく払います。次にお洒落着用の中性洗剤を使います。洗剤の容器に指示されている通り
に薄めた洗剤液をタオルで絞り手早く拭いて下さい。その後ぬるま湯でもう一度拭き、最後に
乾拭きで仕上げます。
合成皮革
日常はやわらかい布で乾拭きします。汚れてしまった場合はぬるま湯(40〜50℃)で薄めた
中性洗剤液(3〜4%)を浸した軟らかい布を固く絞り拭いてから、きれいなお湯に浸した布を
固く絞って拭き取った後乾拭きします。ベンジンや除光液等は表皮を溶解しますので絶対
ご使用にならないで下さい。
本皮
年に1〜2回程度皮革用クリーナーで拭いて下さい。使いすぎるとベタつきます。
クリーナーはバックスキン表皮には使用できませんのでブラッシングで汚れを落として下さい。
シンナーやベンジン・クレンザーは絶対にご使用にならないで下さい。

■ テーブルの黒ずみ・しみ
こたつの天板や白っぽいテーブルが黒ずんできたら、卵白を使います。料理に使った卵の殻
に残っている白身を布に付け丁寧にこすると黒ずみが取れてきれいになります。そのままだと
ベタベタするので最後によく絞って水拭きして下さい。
木目などを印刷したメラミン塗装のテーブルや化粧合板のテーブルは、表面が硬くて丈夫
なのでお手入れも簡単です。もし、傷が付いてしまうと汚れが傷の中に入り込み落ちにくく
なってしまいます。傷が付いてしまったら思い切って液体クレンザーを付けて磨いて下さい。
見違えるようにきれいになります。
コーティングされているテーブルに熱い鍋や茶碗などを直接置くと、輪ジミが出来てしまう事が
あります。こんな時はシミの上に重曹を振りかけ少し水を垂らして布で拭き取るときれいに
なります。マヨネーズを少し布に付けシミの上にのばすように拭いても、シミが取れる上に艶も
出てきます。

■ 汚れの手入れ方法
塗装のもの
柔らかい布で乾拭きして下さい。
汚れがひどい場合は、うすめた中性洗剤を浸した布で汚れを落とし、その後、乾いた
布で拭いて下さい。
ワックスや化学雑巾は使用しないで下さい。
塗料が化学反応を起こし、くすみや変色するおそれがあります。
白木のもの(桐タンスなど)
白木の家具は汚れを防ぐ為に塗装されているものと、そうでないものがあります。
塗装されていないものは水拭きや化学雑巾は厳禁!!表面が黒ずんでしまいます。
柔らかい乾いた布で、軽くホコリや汚れをぬぐうように拭いて下さい。
水分や油分は禁物です。表面に跡形が残ります。
塗装してあるものも、ないものもたまには白木用ワックスで艶を出してあげて下さい。

■ 表面に傷が付いた時
引っかき傷程度の小さなものなら、同色のクレヨンかマジックを塗ると目立たなくなります。
また、クレヨン状の傷隠し専用材も市販されています。
色数が豊富なうえ、使い方も簡単なので大変便利です。
加えて透明の靴クリームをのばして磨けば見た目にはほとんどわからない程になります。

■ 引出しがかたくなった時
原因が“ねじれ”による場合がありますので、まず、水平に設置してあるか確認してください。
僅かでも傾いていたら水平になるよう調整して下さい。
それでもかたい場合は、引出しを抜いて1〜2日陰干しした上で、すれ合う部分に
固形石鹸か石ロウを塗って下さい。
また、サンドペーパーで磨いてみるのも一つの方法です。

■ カビが生えた時
最近の住宅は、昔の家屋と比べ床下が低く、またアルミサッシの普及などにより部屋が密閉に
近いことから、湿気が溜まってタンスの裏側などにカビが生えるケースが多くなっています。
また、新築された家の壁にはかなりの水分が含まれており、ある程度乾くまで4〜5年は
要すると言われています。
特に、コンクリート壁は温度差が生じると結露するので、湿度が低い冬場でもカビが
生えることがあります。
こうした部屋では、必ず壁から15〜20cm程度離して家具を設置して下さい。
もし、カビが生えた場合は、家庭用カビ取り剤(主成分=次亜塩素酸ナトリウム)を水で
薄めたものを布に浸して拭き取って下さい。
なお、カビ取り剤の濃度はカビの色により、白っぽいものは濃度を薄く、緑や黒っぽいものは
濃度を濃くしてお使い下さい。

■ 家具に臭いのある時
家具から発生する臭いは大きく分けて3つあります。
まず一つ目は接着剤(当然合板やボード類には大量に含まれています)から発生する
ホルムアルデヒドです。これは時間がたつと蒸発して臭いはなくなります。温度が高いと
早く蒸発しますが、その際はよく臭います。最近はホルムアルデヒドなどVOCの発散を抑えた
家具が多くなっています。
二つ目は自然塗料の臭いです。これは天然素材が原料なので人体への害はないと思われ
ますが、塗りたての時は臭いがかなりきついものもあり、完全に臭いが無くなるまで長時間
かかるのが難点です。主に無垢板のクラフト的な家具に最近よく使われています。
上記二つは部屋の風通しを良くしておくと早く臭いが消えます。
三つ目は木材から発生する臭いです。ヒノキなど芳香な材木もありますが、嫌な臭いがする
材木もあります。また、クスノキのように嫌な臭いでも防虫効果があるものもあります。
これら木材から発生する臭いは、年月が経ても完全には消えません。

長い文章を最後まで読んで頂きありがとうございました。


家具の手入れについて真剣に考えている方であれば、
良い家具の必要性・長持ちする家具の必要性が十分に
理解して頂けるはずです。


当店はそんなお客様を大事にしたいと考えております。
そんなお客様だからこそいい家具をお求め安い価格で
ご提供する価値があります。


何かご入用がありましたら
是非、当店の厳選した家具を宜しくお願い致します。

ページトップへ